ハイドロキシンはコーヒーなどにも含まれている天然成分

ハイドロキシンはコーヒーなどにも含まれている天然成分

ハイドロキシンはコーヒーなどにも含まれている天然成分

最近気になってきた済みですが、シミにも種類があるようです。

 

老人性色素斑はあほやこめかみによくできるしみです。境界線がはっきりとした薄茶色のシミです。

 

肝斑と呼ばれるシミは、30代から40代にかけてできる滲み出左右対象にできるのが特徴です。
そばかすは、56歳ごろから米粒位から小豆大の小さな茶色いシミが多くできます。

 

私のシミは老人性色素斑と呼ばれるものらしいです。
老人性色素斑は、紫外線を浴びたところにできるしみです。

 

何とか自分で消せないかと調べてみました。するとチロシナーゼを抑制する成分が有効だと言うことをがわかりました。
美白の代表的な成分のハイドロキシンで、ハイドロキシンはコーヒーなどにも含まれている天然成分だと知りました。

 

ハイドロキシンはアメリカではとてもポピュラーな美容成分ですが、日本では2001年の薬事法の規制緩和に乗って化粧品にも使用できるようになったそうです。それだけ強い成分ということが言えます。
ハイドロキシンにはメラニン色素を作るメラノサイトそのものに働きかけて減少させる効果があると言われています。なのでできているしシミも効果がみられるのはとっても期待してしまいます。

 

ただ先ほど記載したように強い成分のために、人によっては合う合わないということが起こるようです。

 

実際私もハイドロキシンの含まれた美容液を購入しましたが、口コミでは合わなかったという人もいると書かれていました。
幸いなことに、私は今の所何も症状が出ず使い続けています。

 

次にビタミンC誘導体呼ばれるもので、言葉だけ聞くとなんだろう?とよくわかりません。

 

ビタミンCは抗酸化作用が高く肌によいと言われているのですが、もともとはとても不安定で化粧品の配合が難しかったようです。ビタミンCを誘導体にすることで、不安定なものから安定なものへ変えることができたというものです。

 

ビタミン誘導体という言葉で売られている化粧品の成分を見てみると、ビタミンC誘導体という文字はありません。

 

実際には、リン酸アスコルビルMgマグネシウム、リン酸アスコルビン酸ナトリウム、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルという表記がされるようです。

 

普段何気に見ている言葉にこんな意味があったとは本当に知りませんでした。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ